複層3

  22, 2017 06:58
 ソドミーの解析結果を持って西成署を訪ねた。ゴンさんは捜査に出ていて1時間刑事部屋で待たされた。廊下の壁に戎会の幹部と兄貴の写真が貼ってある。
「どうした?」
「内緒で?」
 そう言うと窓のない狭い部屋に入れられた。牙は封筒を渡した。彼は鋭い目で見ていると、
「ソドミーは兄か?」
「妹が言っている。それに返信のメールを見ても分かるだろう?」
 メールだけUSBに入れてきた。
「名古屋のネットカフェを転々としている」
「分かった。名古屋か?」
 と言うと部屋を出て合同捜査班を集めた。牙はすごすごと署内を出る。その足でアパートに戻り花田のパソコンの復元を始める。やはり暗号がかかっている。だが花田はやはりネットは苦手なようだ。
「社長、前の会社の社長のパソコンのオフ化は君が担当したんだよな?」
「ええ、暗号は定期的に変更していましたが、最後は●●●●●●●です」
「社長室長を知っているか?」
「ええ、パソコンが得意と入ってきましたが素人ですよ」
「ありがとう」
 すぐにその暗号を入れた。何と暗号はそのままだった。歴代の月次決算が入っている。その同じファイルに修正と題が入っているものがある。これは銀行用の改ざんしたものだ。
 あった!いくつもある動画と言うファイルに花田が当時の支店長とベットで絡んでいる動画があった。明らかに支店長と判別できる。これも同じものがもう一つある。女の顔を塗りつぶしたものだ。しっかり会話も入っていてわざと融資を止めてと言う話を仕掛けて支店長は答えている。これは使える。




スポンサーサイト

複層2

  21, 2017 06:24
 4時には戻りパソコンの準備を再度確かめる。瞬間の接続の間に社長のパソコンに侵入するのだ。この社長のパソコンは常にオフコンだから瞬間にダウンロードをする。5時ちょうどに繋がった。5分で遮断される。残念ながら半分しかダウンロードできなかった。それで吸い込めたものだけ再生をしながら牙は眠る。
 何時もより早く11時に目が覚める。目の前にYOUが戻ってきて珍しくパソコンを開いている。
「今日も遅かったのか?」
「ああ牙、今度のグランプリの出番が決まったのでここに貼り付けようと思って」
「そんなの置いておいてくれたらやるのに」
 いつものパンツ姿だ。どうしてもつんと尖った乳首を見ると自然に息子が立ってしまう。
「出してあげようか?」
「寝ろよ」
「何か変なメールが入っている」
 最近は返事を出さないようにしている。牙がマウスを取る。
「この宛名ここ10日で3度入っている。すべてパソコンが違うな。ネットカフェからだろうな?ソドミーと読めるなどう言う意味か?」
「それはアナルセックスと言う意味で兄貴がその題のビデオを撮っていた」
「接触してきたのか?」
 牙はあのCDを思い出していた。
「逮捕された方がいいか?」
「殺されてもいい」
「分かった。もう寝ろよ」
 牙はYOUの寝たのを確認して解析を始める。この3か所とも名古屋が発信元だ。機種はそれぞれ違う。それからメールで返信を入れた。
 8時に返信が入った。ソドミーとある。
「抱きたい。どこにいる?」
とあった。










 

複層1

  20, 2017 06:51
 戎会の組長は不起訴となって出てきた。やはり検察としては逃げている組員を逮捕するするまでは待つべきだと言う判断だ。牙はあのCDを畳の下に隠した。
 YOU達の新ユニットが正式に関西のグランプリーに出ることになって、連日11時を回って帰ってくる。さすがに疲れているのか牙が起きてくるまでに眠ってしまっている。牙はタオルケットから可愛いお尻がはみ出しているYOUにまたタオルケットを巻き付ける。どう言ってもYOUはパジャマを着るのを嫌がりパンツだけで寝るのだ。
 朝送り出すと牙は茂さんから急ぎで頼まれていたあの戎会のCDの画像補修を終えて送信する。前回の逮捕された時のCDが裏ビデオとして販売された。茂さんが50万貰ったが話では2千万ほどの販売成績だったようだ。それで茂さんは自作から受け持つことになったらしい。
「今日の5時から5分と決まった」
と末松部長からメールが入った。これは会社のすべてのパソコンを切って経理部だけのパソコンと社長のオフパソコンを繋ぐのだ。準備をしてから3時に飯屋を覗く。
 暖簾を潜るとゴンさんがすでにビールと親子丼ぶりを食べている。
「今日はスーツではないのやな?」
「組長が不起訴になったらしいですね?」
「知っていたか?どうもすでに逃げた2人は今釜ヶ崎を中心にしらみつぶしに探している。捜査陣は組長の射殺は関東の対立する組から依頼を受けたと見ている。戎会の組長のスマホに何度も関東の幹部からの着信があったのや」
「そんなの話していいのですか?」
「すぐに週刊誌に出るわ。これは炙り出しや。戎会の組員は関東のやくざにやられたようや」
「どうして?」
「捕まるのを恐れて誘き出して殺そうとした。防犯カメラに関東ナンバーの車が映っていたのや。これは組の所有だ」
 話し過ぎたと思ったのか立ち上がると、
「妹をよく守ってやれよ。俺の刑事の勘だが兄は妹を抱きに来る」
と言って暖簾を出て行く。



心を掘り起こす11

  19, 2017 06:53
 茂さんは戎会の若頭に古いビデオの再生を頼まれたようだ。100ほどの作品があり段ボールで送られていたようだ。レベルの低いものもあり2割ほどが再生できればいいと思っているとメールで書いている。その後宅急便で送られてきたCDが1枚ある。急いでパソコンに入れる。
 一人の女の子を5人の刺青男が強姦している。その女の子はYOUで今まさに差し込んでいるのが兄貴だ。これがYOUが言っていたビデオだ。牙は画面に凍り付く。5人が代わる代わる1時間永遠に入れ続けている。YOUはもう白目を剥いている。膣は血か滲んでいる。『幼女強姦』と言う題名が付いてあり薫子と偽名が付いている。
 最後の場面で笑いながら3回目に代わった兄貴が指をアナルに入れて探っている。ここで画面がいったん切れたようだ。恐らく台本にないことを兄貴が始めたのだ。次の瞬間画面が代わって小さなアナルを裂いて突き刺さっている。抜いたペニスが真っ赤に染まっている。これで警察にパクられたのだ。
 CDを抜くと放心状態になった。ダンボールの茂さんの直筆でこのCDはなかったものとしてくれとあった。これはどうしてもYOUは幸せにならなくてはいけないと強く思った。
 1日1回必ず花田社長の部屋の映像を回して見る癖になっている。飛ばしながら指を止めた。これは見たことある顔だ。
「融資をしてください」
「もう私は本部にいる。それはできない相談だよ」
「あなたは当時メインバンクの支店長として決裁済の5億の短期繋ぎ融資を止めたのですよ」
 そうだ。私は当時株を売ることが出来なくて繋ぎ融資を申請していた。これは口頭で支店長から決済の確認を貰っていた。だが牙が臨時取締役会で解任された日、融資が止められたのだ。あの時明らかに不渡り出すことになると花田が言った。私は会議直近に経理部長から融資が入らないと報告されていた。支店長に連絡を入れたが繋がらなかった。不渡りを出したと牙の心は揺れていた。
「その話は誰が信じる。私は前社長の不安情報で止めたとなっている。それに5億が個人名で3時に入金がされていた」
 それは美貴が裏金で入れたのだ。
「でもそのために私は抱かれたのですよ。ビデオを撮っていましたよ」
「悪女だな」
「まず銀行の調査を消してください。審査部長なら簡単にできるはずですわ」
 すべてが仕組まれていた。







心を掘り起こす10

  18, 2017 06:22
 戎会の組長が逮捕された。だが押収されたカメラ等は戻されて茂さんは編集して90分もので納品した。それで茂さんから夕方連絡があり飲みに行く約束をした。約束のビルの前に立ってスタジオビルの5階だと知った。一応近くに行くだろうとYOUに買ってもらった新しいスーツを着た。前のスーツはもう着れたものではない。
 5階に上がると中央に舞台がある。
「これはご苦労さん代だ」
 茂さんが封筒を出す。15万が入っている。
「若頭からCD納品で50万を貰った」
「そんなに儲かるものなのか?」
「いや別の意味も含まれている。あの監督若頭だ。内緒の話だが今回組長をちくった張本人は若頭だ。彼はこの組の唯一の経済やくざなのだ。殺された組長とも関係があった。組長が独断でヒットマンを送ったらしい」
「やくざの世界も大変ですね?」
 舞台では若い女の子が躍っている。
「ここは下のスタジオが練習生を使って歌や踊りを見せている。昼間は喫茶で子供達で溢れているさ。夜は酒が出る」
「あの社長はどうなんですか?」
「彼か。京都では結構儲けていたらしいがな、大阪に来てナンバー2が造反して京都に帰っていった。今の仕事ではしんどいだろうな」
「仮に他の会社から誘いが来たらどう?」
「一緒に迎えるのが条件なら乗るな」
 そうか、一緒に迎えるか。どんどん牙の中で膨らんでいくものがある。
 2時間して立ち上げった時舞台にYOUがいるのに気づいた。先にYOUが見つけていたようだ。それで茂さんに断りもう少し飲んでいると別れた。15分すると私服に着替えて黒眼鏡をかけたYOUが隣に座っている。






 

What's New